金剛菩提樹のお念珠

お念珠

新年あけましておめでとうございます。
本年も気ままなブログによろしくお付き合いよろしくお願いします!

お参りにちなんで、新年一発目の投稿は愛用のお念珠。お詣りする際にはもちろん、枕元とは言わないまでも、いつも傍において愛用している物だ.。

一つは以前、長い入院生活の際にベットの上からインターネットで注文して作ってもらった金剛菩提樹の念珠。

もうひとつは私の病を心配した母親が四国の別格霊場二十ヶ寺を巡拝した際に、男珠と女珠を仕立てて貰い、私にと渡された物。

念珠というよりも、数珠と呼んだ方が一般的なのかもしれない。

持っているだけで功徳があるとされ、災いを取り除き、平穏や安らぎを得られるという事で、仏様とのやりとりでは手放せない必需品なのである。

神様仏様、信じようが信じまいが日本人として生まれたなら、有無も言わさず神仏とは共に暮らしてきた土壌がある訳だ。ならば、とことん神仏とは付き合ってやろうと思って以来、素直に手を合わすことが出来るようになった。

昔から私のことを知る者がその様子を見ると、いったいどうしたんだ!?と思うらしいが、お朔日参りとか写経とか出来る限り神仏には手を合わせる事が出来るようになった。

お陰さんで、悪くない毎日が続いてる、そんな風に心底思えるようになった、不思議なもんだ。


スポンサーリンク



コメントを残す