碓氷権現熊野大社

碓氷権現熊野大社

軽井沢の中心部から車で30分ほど走った碓氷峠にある熊野皇大神社。

見づらいかもしれないが、画像の下の方をじっくりと見ると、一の鳥居の手前にあるプレートには左が長野県、右側が群馬県とあるのが確認できる。

丁度県境の上に鎮座する神社なのだ。

一つの神社でありながら、拝殿も左右に分かれ鈴も二つ。それぞれがお祀りが行われ、もちろん宮司も二人で社務所も別々なものとなる。

こういった、珍しい話題ばかりが矢面にたつものの、実は歴史は古く「古事記」や「日本書記」にまで遡る由緒ある神社である。

県内では一番古いという室町時代の狛犬やご神木である樹齢850年とも言われるシナノキ、このご神木の存在はとにかく圧倒的で神々しく、また必ず伺うのでと挨拶したほど。

鎌倉時代の古鐘、南北朝時代の石の多重塔など境内だけでもじっくりと手を合わせて歩きたいと思わせる何かがあると思わせる。

流石に軽井沢、見晴台など程よく整備された付近一帯の散策も気持ちがよく、ちょっと立ち寄るぐらいではここの良さは到底感じる事ができないだろうと思った次第である。


スポンサーリンク



コメントを残す