鯛の兜煮のレシピ

鯛の兜煮のレシピ

寿司屋に行ったら、あれこれ握ってもらうというのは当然だけれども、寿司屋ならではのサイドメニューというものがある。お造りに茶碗蒸しだとか、赤だしに潮汁、時折足を運ぶご近所の寿司屋はアサリの酒蒸しが絶品で、酒がすすむ。

そしてこの鯛の兜煮なども外せない。またまた酒がすすむ。

何故か家で作る兜煮はこんな風に綺麗にテカテカに仕上がらないし、魚臭さというか生臭さが抜けずに今ひとつで、こうやって美味い兜煮をいただく度に自宅でも兜煮がメニューに並ぶ事数度。

酒と醤油で煮付けるだけのシンプルな料理なのだけれど、シンプルな程難しいというのはどうやら本当の様で、近頃、ようやくコツが掴めて来たかもしれないが、画像の兜煮には及ばない。

兜煮には、その昔、私が小学生の頃の記憶がある。親父殿が和歌山だかの海で、一度だけ鯛を釣ってきた事がある。その時に食べた兜煮が確かに美味く、「鯛は捨てるところが無い」と偉そうにしてたのを今でも覚えている。

親父殿は今でも鯛を食べる度に「鯛は捨てるところが無い」と、その話をするので、私の中で鯛は美味い魚ランキングが高いのである。


スポンサーリンク



コメントを残す