守口 秀楽のとんこつラーメン

守口 秀楽のラーメン

久しぶりの守口のとんこつラーメンの秀楽へ。

ラーメンといえば秀楽、私の中でのベスト・オブ・ラーメンである。

正直、もうこの歳になって、濃厚なとんこつラーメンなどを身体が欲っすることがなくなってしまったが、若い頃から何度足を運んだか判らない秀楽だけは別物で、こうして今でも時折食べたくてたまらなくなるのだ。

秀楽に通い始めたのは、かれこれ30年も前の話。二十歳そこそこの小僧の頃に遡る。赤いカウンターだけのお世辞にも綺麗とはいえない店で、愛想の悪い親父が黙々とラーメンを作っていた。

ラーメンといえば醤油ラーメン、いわゆる中華そばというものだった中に現れたのが秀楽のにんにくラーメンで、とにかく時間があれば立ち寄って、チャーシューを頬張り、スープの一滴まで飲み干していたのが懐かしい。

結婚して子供が出来て秀楽から足が遠のいてしまった頃、気がついたら秀楽は親父さんの引退と共に閉店してしまっていた。それ以降、ラーメンを食べる度に何時までも秀楽のことを思い出していたぐらい思い入れのある店だったのである。

数年前の話になるが、久しぶりに合った友人が「あの秀楽が復活したの知ってるか?」との情報。直ぐさま、店の場所を調べて駆けつけた秀楽はやっぱり秀楽。

正直、若い頃に食べた秀楽と味を比べるほど、しっかりとした味覚も記憶も定かではないものの、中太のちぢれ麺、濃厚なスープの味、平皿に盛られる白飯などは、若い頃に食べた秀楽を思い出させる、やっぱり美味いの一言に尽きるラーメンである。


スポンサーリンク



コメントを残す