さぬきうどん、年間1000玉に挑戦

さぬきうどん、年間1000玉にチャレンジ

つやつやのぷりぷり、見るからに美味そうなうどんだ。もはや全国区になった香川県が誇る名物讃岐うどんを久しぶりにいただき。ぶっかけ並盛り、300円也。

この地で仕事を始めた頃、既に20年ほど前の話だ。地元の者にうどんが好きだという話をした所、

「ま、讃岐でうどん喰いと言うたら年に1000玉は喰わんとの、1000玉喰ったらうどんがわかるけん、ゴロゴロおるで1000玉喰うやつわ」

みたいな事を言われて、その年はただがむしゃらに1000玉目指して来る日も来る日もうどん。

一日に三玉は食わないと1000には届かないという過酷な修行、さすが密教の弘法大師の地、みたいな事言いながら、手帳に並んだ「正」の文字。確か11月には達成して満願成就となった訳だが、うどんがそんなに身体に良いはずはない。

物の資料によれば、香川県は生活習慣病を抱える率は日本でもトップクラスだと言う。食の偏りを呼ぶ、塩分の高いうどん食がその要因となっている事は容易に想像出来る。

かくいう私も今では大阪で饂飩を週に何度も食べる事はなくなったし、彼の地へ出かけてもこうして小さな一杯を大事にすするにとどまる様になった。

腹いっぱい饂飩が食べたい、という衝動が時々あるのは事実ではあるが。


スポンサーリンク



コメントを残す