堺東 とり秀の唐揚げ弁当

堺 とり秀の唐揚げ弁当

堺にある、我々が男の隠れ家とうそぶく「堺B」。その堺Bの近くにある、とり秀の唐揚げ弁当が650円なり。

唐揚げほど男らしい喰いもんはないと思う。そして、とり秀の唐揚げ弁当が潔く美味いのである。白飯にでっかい唐揚げがゴロゴロと。後は漬けもんがあるだけ。

熱い茶などは論外、麦茶に緑茶じゃなくて、冷たいペットボトルのコーラが男らしい唐揚げ弁当の友として最適である。。

卵焼きとか野菜とかそういった物は男の弁当には必要なし。この男らしい唐揚げ弁当にケチをつけるんなら飯はもっと大盛りが良い、そうじゃ無いとこの大量の唐揚げとバランスが取れないのである。

とり秀の美味さの秘密を考えてみた。

とり秀が、中華料理屋だというのは大きなポイントだろうと思う。中華料理屋が油料理に長けているのは当然だろう。たっぷりの油で揚げるから、いわゆる、外はパリッと、中はジューシーな唐揚げが出てくる訳だ。

この道◯年、みたいなおっさんが揚げているから、弁当屋のおばちゃんが作る唐揚げとは違うに決まってる。いつ作ったか判らないコンビニの弁当とはもちろん比べようが無い。

ところが、残念な事に、本当に残念なことに、この弁当を完食できなくなった自分がいる、、、「歳は取りたくないな」という言葉が似合うようになったのを自覚せねばならない歳になってしまったのかもしれない。


スポンサーリンク



コメントを残す