奄美大島 西古見の珊瑚の石垣

西古見の珊瑚の石垣

奄美大島へ帰省している友人から、これ見よがしに、どうだ良いだろ!とLINEで画像が送られてきた。なんとも懐かしいと言うか、この場所は知っている。1998年の夏にSeekayakで立ち寄った事がある。夕日が美しい集落だ。

Seekayakに乗って一ヶ月ほど奄美大島をのんびり遊んだのが、甲子園での松阪のノーヒットノーランをどっかの食堂で眺めて居たのを思い出す。もっと言えば、私はこの奄美大島で中学高校へと通っった事があったりもする、言わば故郷の一つでもあるという話だ。

奄美大島の南部の町、瀬戸内町の、さらに西の端にあるんで西古見。東シナ海にドーンと沈んでいく夕陽がとんでもなく綺麗で、この珊瑚の石垣も見覚えがある。この辻を曲がった所にある雑貨店へ行きビールや食料を買いに行ったのも覚えてる。

とんでもなく懐かしい一枚。とんでもなく羨ましい一枚。

羨ましくてたまらないので、もっと左側によって石垣をずらっとみせつつ、西古見の看板入れろとか、ピントが甘いとか、もうちょっと露出はアンダーで撮った方が綺麗んじゃないか、などと好きな事書いて返事しておいた。

近々行かなくては行けない場所リストに追加。


スポンサーリンク



コメントを残す