コールマンのガソリンランタン

コールマンのランタン

大人の隠れ家と称した古民家を某所に借りて、事務所件遊び場として活用している。

カウンターや棚を作ったり、アンティークなテーブルを探して来たり、自分達で手を加え快適な空間を作り上げるというのがなんとも楽しくて、何時も人が集まる良い空間が出来上がってきた。

ちょっとした中庭があって、小さな火を熾してBBQなどを楽しんだりも出来る訳だが、ランタンの灯りが評判良く、そいつらを綺麗に磨いたりオイルを喰わせたりしてメンテナンスして並べると、中々良い雰囲気を醸し出してくれる。

ランタンをはじめ、アウトドア道具はその昔、実際に使うもの以外にもコレクションとして集めた物が手元に幾らでもある。ランタン一つ取っても、10や20じゃ無い数がある。

幾つかの道具などは私よりも年上だという骨董品だが、凄いもんで、それらがメンテナンスさえすると実際に動いたりする訳だ。

バースデーランタンといって、自分の生まれた年月に精算されたものであるとか、親父が若いころ使ってたものだとか、思い入れやこだわりたっぷりの道具達。

最近、隠れ家にそいつらを次々と持ち込んで、酒をちびちびとやりながら、道具をメンテナンスするという新しい遊びを見つけた感じだ。


スポンサーリンク



コメントを残す