モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146

モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146

出張先で、あろうことか十数年も連れ添った、愛用のモンブランを紛失してしまい、二年間ほど寂しい思いをしていたが、やっとまた以前所有していたものと同じ146を購入した。

あれこれ使ってきたが、キャップのホワイトスターにペン先の4810の刻印。モンブランの万年筆が持つ、完成された道具としての美しさは、やはり抜き出ていると思う。

と、まー、ペリカンの愛用者はペリカンをこうして褒め称えるだろうし、万年筆は国産だという方もいるだろう、決して安くはない万年筆を自慢する方々はそんなもんだ。

さっそく、靴型のインクボトルにペン先を突っ込んでインクを吸い上げ、お気に入りのツバメノートにペンを走らせてみて思い出した、モンブランは見てくれじゃない、この書き味がモンブランだと。

今回、ペン先はモンブランらしくないと言われる、EFにしてみた。EFというのは一番細いペン先で、カリカリと引っかかる感じがあって、書き味の滑らかさにかける、と言われていたりする。

ところが然にあらず、私が時折足を運ぶ万年筆屋の親父は、きっちりと調整されたペン先であれば、極細だろうが極太だろうがモンブランはモンブランだと断言する。

久しぶりに手にした146は匠の技、万年筆の機能美を再確認させてくれた一本、モンブラン、流石である。


スポンサーリンク



2 Responses to “モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146”

  1. こんにちは、楽しく拝見させていただきました。
    146のEFニブ素晴らしいですね!私はFニブを使っております。買い求めたウイーンのブテイックにちょうど EFが無くFを連れてかえりました。割と細めに出る個体で満足しておりますが、日本語筆記には、EF一択かと思います。とかくいろいろと聞こえてくる昨今ですが、やはり、モンブランならではの書き味は健在ですね。

  2. コメントありがとうございます。

    万年筆、あれこれと浮気して楽しんでますが、どれか一本と言われると、やっぱりモンブランを手にしますね。

コメントを残す