セーラープロフィット スケルトンモデル

セーラープロフィット スケルトンモデル

透明軸の万年筆が欲しくて、ネットを徘徊して見つけたのがこれ、セーラーのプロフィットシリーズのスケルトン使用である。濃いブルーのインクを入れて、それを愛でながらペンを走らせると楽しかろうと、そんな目論見だ。

実はネットで日々こんな雑文を書き散らしているものの、万年筆やボールペンなどは毎日相当使っている、つまり字を書いているわけだ。

筆記具に求めるのは書きやすさ、扱いやすさはもちろん、道具としての美しさとか、思う所は幾らでもあって、次から次へと新しい万年筆やボールペンを試して手元に置いて愛でたい、という魔力がある。

今の時代、万年筆で文字を書く、というアナログな作業を全く知らないという人も多いと時間があればふらりと立ち寄る文具屋の店員に聞いた。ましてや万年筆ともなれば経済的にも余裕が無ければ所有して使い続けるなど不可能だと。

なるほど、書くという行為には「余裕」というキーワードが必要なわけだと妙に納得し、残りの人生は余裕を持って生きたいと、思った次第だ。


スポンサーリンク



コメントを残す