ターミネーター新起動(ジェネシス)

ターミネーター新起動(ジェネシス)

何年ぶりか判らないぐらい久しぶり映画館へ。息子のおねだりのお付き合いである。

ターミネーターシリーズDVDが手元に全シリーズあるぐらいは親子揃って大好きなものの、私などは、映画館で映画を見るのはおそらく十数年ぶりぐらいになるのではないだろうか。

という事で、ターミネーターの新作の事を語るのではなく、映画館のその変わりっぷりに驚いた訳だ。

その昔は入り口でチケットを購入して、席を確保、人気映画などになると、立ち見とかあったはず。

ところがだ、今ではスマホから座席指定で予約が出来る。そして、映画館に出かけると、入り口の機械に予約番号と電話番号を入力すると入場券が発券される。

上映が終わるのを待って席を取ったりする必要などはまったくない。

フードコートの様に、カウンターでは色んなファーストフードが販売されており、1000円税込みでドリンクが二つが付いたポップコーンのセットを購入。ビールなどもあったがグッと我慢、インスタントな珈琲ではなくて案外まともな珈琲なのにちょっと感動したり。そして、このトレーがすっぽりと座席に収まるのである。

折りたたみの堅い座席などは昭和な思い出、快適な座席である。

デカイ画面のシュワちゃん、大音量での久しぶりの映画はなかなかなもんだったけど、自由度とか考えたら、今は自宅でもそこそこの環境が再現出来たりすること思うと、映画館も色んな趣向を凝らす必要があって大変だろうなとか思う。午前中だったとは言え、8割は空席だったし。

私、毎日何か見てるぐらい映画は好きだが、久しぶりの映画館。やっぱり映画館は最高!とはならなかったのが本音ではある。


スポンサーリンク



コメントを残す