堀川戎のえべっさん詣り 商売繁盛で笹持って来い!

堀川戎のえべっさん詣り

毎年恒例のえべっさん詣で。

商売繁盛で笹持って来い!のえべっさんである。正確にはえびすさま、なのだが、大阪訛りになると、親しみを込めてえべっさんである。

えべっさんが終わらないと大阪の正月は終わらないのである。

9日の宵えびす、10日の十日戎(本戎)、11日の残り福と、毎年、日程は決まっていて、前日の宵えびすはお仕事な仲間たちと、何かと縁のある堺のえべっさん、菅原神社へ。

えべっさん二日目の本日の十日戎は堀川戎へとやって来た。

堀川戎はミナミの今宮戎、西宮の西宮戎、関西の三大えべっさんの一つで知られる神社で、普段はひっそりと静かにある小さな神社であるが、今年は気候も穏やかに暖かく、人、人、人の人混みの中、一時間かけてのお参りとなった。

明日の残り福は、ご近所のえびす神社へお参りする予定だ。

タイミング良く、関東から大阪に移り住んだ友人は、関東にはないなかなか理解しがたい神社詣でだ、と笑っていたが、昼間っからお酒をいただいたりの賑やかなえべっさん詣ではすっかりと気に入った様子だ。

さっそく、来年のえべっさんは、などと話していたので、案内人としては大満足である。

そして、えべっさんは、景気を図るバロメーターでもあるという。世の中が調子よくなるほど、えべっさんは賑わうんだとか。

今年は昨日も今日も結構な賑わいだったんで、もしかすると世の中は調子よくなってるんだろうか、などと思うがそのあたりは浮世離れしている私などにはよく判らない。

昨日も今日も、少々背伸びして大枚はたいて、えべっさんの縁起物を買い込み、事務所や自宅に配置して過ぎゆく正月を名残惜しんているが、確かに一昨年よりも去年、去年よりも今年、縁起物は確実に大きくなったんで、もしかするとやっぱり世の中の景気は良くなっている様な気がしないでもない。


スポンサーリンク



コメントを残す