冠纓神社と陰陽師 安倍晴明の母の白狐

陰陽師 安倍晴明の母

高松空港に近い、高松市の甲南町にある冠纓(かんえい)神社、別名をかむろ八幡宮とも呼ばれ、地元、香南町の氏神様として祀られている。

縁結びの神様としても有名で、祖母がこの香南町の隣町に暮らすので、度々通りすぎていたものの、お参りに訪れるのは実はこの時が初めてだ。

なんでも、平安時代に活躍した伝説の陰陽師、安倍晴明(あべのせいめい)が神主をしていたという伝承もあり、また、清明の母親は白狐だった、という言い伝えは有名である。

実のところはどうなんだ?というのは知る由もないが、時折訪れる身内のご近所に、安倍晴明の縁の神社があるというのは悪くない。

余談になるが、大阪にも阿倍王子神社の末社として安倍晴明神社が天下茶屋にあり、小さな神社ながら参拝者が絶えない賑わいぶりだとのこと。

安倍晴明が、時代を超えたアイドルなのは間違いないだろう。

この日も明らかに他府県から来たと判る女性グループが数組、交通の便が悪いこんな場所へわざわざ来る理由はやはり清明しか無いわけで、感心するとともに、神社の商魂たくましい姿を、毎度の事ながら複雑な思いで眺めて来た。

などと言いながら、私もこうして清明の母、白狐の姿をみて連れて帰りたく、売り切れだというのを長い無駄話の末に譲ってもらってきたのだから、私自身もおっさんながら、安倍晴明が嫌いでは無いののだろうと思う。


スポンサーリンク



コメントを残す