堺 麺くいやまちゃんのかすカレーうどん

堺 麺くいやまちゃんのかすカレーうどん

堺のカレーうどんの銘店、麺食いやまちゃんかすカレーうどんを食べてきた。

近頃、仲間内でのブームがカレーうどんで、これまたどういうワケか次々に出てくるカレーうどん情報がカレーうどん並に濃厚でたまらない件。

仕事場の一つがある堺近辺だけでも、百福やげんき屋に寿など、いくつものカレーうどんが思い浮かぶのだ。

中でも、仲間内でも皆が口を揃えてランキング一番だというのが、麺くいやまちゃんのかすカレーうどんである。

細長い、カウンターだけ10人も入らない店、麺は太麺でも細麺でもなく、レギュラーサイズの太さのモチモチと弾力のある麺に、極上の出汁が絡んでくる逸品。そして、アツアツのカスを口の中に放り込めば、これがまた香ばしく甘く、出汁とのマッチングが絶妙で美味い。

カスというのが何なのか、馴染みが薄いかもしれないが、その正体は牛のホルモンである。

大阪南部では油カスというとも呼ばれる物で、牛の小腸を油が抜け落ちるまで香ばしく素揚げした物。B級グルメという言葉が好きな呼び方じゃないが、大阪のB級グルメとして近頃見かける事が多くなった食材の一つである。

かすうどんをはじめ、焼きそばやら炒め物の具材としてよく使われている。

麺くいやまちゃんのカスは、旨みたっぷりの国産和牛の小腸を使って丁寧に仕上げたこだわりのカス。輸入牛の油カスじゃないのは大きなポイントだ。

最近ではうどんの本場香川でも国産小麦使った店は少ないなか、聞けば、麺は国産小麦100%。出汁のこだわりもかなりのもんで、メジカ節、ウルメ節、アゴ節を使ってとったスペシャルな出汁だという。

ここまで書いて、やまちゃんへ行きたいと思わないのであれば、私の書き方が下手だということである。


スポンサーリンク



コメントを残す